効果的なシャンプーの原材料

Permalink

以前からリスクが指摘されるようになったシャンプーの原材料に、合成界面活性剤があります。これは、安価な成分であり、シャンプーの泡立ちや洗浄力を高めるために便利だと言われています。ただし、食器用洗剤に近い洗浄力があると指摘されたことから、頭皮のダメージを気にする方が多くなりました。

しかし、スタイリング剤などを使用する場合は、界面活性剤を使用しなくては落とせないと言う意見もあります。注意したいのは天然の成分を使用した界面活性剤と合成した界面活性剤に変われるところでしょう。最近注目されているのは、天然系の界面活性剤で、アミノ酸や石鹸、植物由来のものです。

極端に洗浄力を落とすことなく、頭皮や髪へのダメージも軽減できることから注目されています。アミノ酸を使用していると肌への刺激が少なく髪の指どおりも良い、石鹸系は刺激が少ないメリットがある一方で髪がきしむ場合もあるなど、それぞれに特徴を持っています。頭皮が敏感な方は、植物由来の界面活性剤を使用したシャンプーを選ぶ場合もあるので、頭皮に合わせたり仕上がりにこだわったりしながら選べます。

香りのよいシャンプーを希望する方も、合成香料とアロマ精油を添加したシャンプーなどから選択可能で、頭皮や髪を健やかにしながら、マイルドに洗浄することもできます。