シャンプーの原材料に注意

Permalink

シャンプーに使用する原材料で注意したいのは、石油系や高級アルコール系の界面活性剤を使用したタイプでしょう。まず、この2つの種類の原材料でデメリットに上げられるのが、過剰に皮脂を洗い流してしまうことです。頭皮も皮膚と同じく、表面に適度な皮脂があることで水分を保ちながら、外的刺激から肌を守っています。

しかし、皮脂が失わることで頭皮は乾燥しやすく刺激を受けやすくなると考えられています。もちろん、石油系や高級アルコール系の合成界面活性剤を使用しているシャンプーの全てが、頭皮トラブルになるとは明言されていません。最近では、肌に刺激を与える程度の低いタイプも研究されています。使用する人により、どの程度の皮脂が失われるかなど、反応の違いもあるのが現実でしょう。

頭皮が敏感な方や乾燥しやすい方は、合成界面剤の入っていないシャンプーの方が適していると考えるのが一般的です。このようにシャンプーの原材料の中でも、界面活性剤に関する知識があれば、自分自身に適したシャンプーを見つけられるようになります。

今までに頭皮トラブルを起こしたことがある方は、界面活性剤に何を使用しているのかを確認してからいシャンプーを選ぶ判断基準になるでしょう。ここで取り上げたのは、界面活性剤のジャンルのみなので、実際には成分名を把握することをお薦めします。