シャンプーに含まれている原材料

シャンプーの原材料に注意

Permalink

シャンプーに使用する原材料で注意したいのは、石油系や高級アルコール系の界面活性剤を使用したタイプでしょう。まず、この2つの種類の原材料でデメリットに上げられるのが、過剰に皮脂を洗い流してしまうことです。頭皮も皮膚と同じく、表面に適度な皮脂があることで水分を保ちながら、外的刺激から肌を守っています。

しかし、皮脂が失わることで頭皮は乾燥しやすく刺激を受けやすくなると考えられています。もちろん、石油系や高級アルコール系の合成界面活性剤を使用しているシャンプーの全てが、頭皮トラブルになるとは明言されていません。最近では、肌に刺激を与える程度の低いタイプも研究されています。使用する人により、どの程度の皮脂が失われるかなど、反応の違いもあるのが現実でしょう。

頭皮が敏感な方や乾燥しやすい方は、合成界面剤の入っていないシャンプーの方が適していると考えるのが一般的です。このようにシャンプーの原材料の中でも、界面活性剤に関する知識があれば、自分自身に適したシャンプーを見つけられるようになります。

今までに頭皮トラブルを起こしたことがある方は、界面活性剤に何を使用しているのかを確認してからいシャンプーを選ぶ判断基準になるでしょう。ここで取り上げたのは、界面活性剤のジャンルのみなので、実際には成分名を把握することをお薦めします。

効果的なシャンプーの原材料

Permalink

以前からリスクが指摘されるようになったシャンプーの原材料に、合成界面活性剤があります。これは、安価な成分であり、シャンプーの泡立ちや洗浄力を高めるために便利だと言われています。ただし、食器用洗剤に近い洗浄力があると指摘されたことから、頭皮のダメージを気にする方が多くなりました。

しかし、スタイリング剤などを使用する場合は、界面活性剤を使用しなくては落とせないと言う意見もあります。注意したいのは天然の成分を使用した界面活性剤と合成した界面活性剤に変われるところでしょう。最近注目されているのは、天然系の界面活性剤で、アミノ酸や石鹸、植物由来のものです。

極端に洗浄力を落とすことなく、頭皮や髪へのダメージも軽減できることから注目されています。アミノ酸を使用していると肌への刺激が少なく髪の指どおりも良い、石鹸系は刺激が少ないメリットがある一方で髪がきしむ場合もあるなど、それぞれに特徴を持っています。頭皮が敏感な方は、植物由来の界面活性剤を使用したシャンプーを選ぶ場合もあるので、頭皮に合わせたり仕上がりにこだわったりしながら選べます。

香りのよいシャンプーを希望する方も、合成香料とアロマ精油を添加したシャンプーなどから選択可能で、頭皮や髪を健やかにしながら、マイルドに洗浄することもできます。

シャンプーの原材料とは

Permalink

シャンプーには多様な原材料を使用しています。その中には効果的な原材料と注意したい原材料などがありますので、理想的なシャンプー選びには欠かせない項目だと言われています。頭皮の肌タイプに合わせる、またシャンプーの効能を活かしたいと考えるなら、原材料を理解することが求められるでしょう。

このサイトにはシャンプーにすくまれている原材料の情報を掲載しています。今使っているシャンプーが合わないと感じる方にも、役立つ情報となれば幸いです。注意した方が良い原材料にも触れていますが、全ての人に合わないと言うことではないので、個人差も含めて参考にして下さい。

シャンプーの原材料には、カタカナで記載されたものや似通った名称が多いので、店頭で購入するときは判断しにくいと言う声もあります。ただし、始めにチェックをして好みのブランドやメーカーが分かれば、今後のシャンプー選びは簡単になるでしょう。初めだけしっかりチェックすることが重要となります。メーカーサイトにはシャンプーの原材料表示をしている場合もあるので、パソコンやスマホで確認するのも簡単になりました。

そのような原材料があり、そのメリットやデメリットの傾向を把握することで、シャンプーで失敗することは少なくなるでしょう。頭皮タイプが似ている人の口コミを参考にすることもできるため、事前のチェックは基本になると踏まえましょう。最適なシャンプー選びの土台にもなるので、シャンプーに含まれる原材料の詳細を把握して下さい。